読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孝彦のスーパーweblog

孝彦のブログ

出所のはっきりしないデフェイクニュースにも対応しなくてはならない。

孝彦です、米国のインテリジェンス機関の報告書は、米大統領選挙にロシアのプーチン大統領が関与したと非難している。
プーチン大統領がトランプ候補の当選を本気で狙っていたのか定かではないが、かねてロシアの政治体制とプーチン大統領を批判してきたクリントン候補への反撃だったとみるべきだろう。
仮にクリントン候補 が当選したとしても、選挙結果に疑念を抱かせ、米国の民主政治そのものを動揺させようとしたとみられる。
ロシアは自由な米国の言論プラットフォームをあえて活用し、米国政治を批判するテレビ番組をつくったり、ソーシャル・ネットワーキング・サービスで偽のニュースを流したり、盗んだデータをインターネット上で暴露したりした。
米国内でトランプ政権に反対するデモが頻発していることや、各種のメディア報道に対する信頼が揺らいでいる状況は、攻撃者の狙い通りかもしれない。
実際、米国の調査によれば9割近くの人が、偽ニュースがかなりもしくはいくらか混乱を引き起こすと考えている。
年収が高い人、民主党支持者の方が懸念の度合いは高い。
今年はフランス大統領選挙やド イツ総選挙が予定される。
自国の民主制度に対する他国の介入をいかに防ぐかが共通の課題になりつつある。
当然のことながら、企業や個人にとっても深刻な事態になっている。
自社や自分の信頼が失われれば、それを取り戻すのは極めて難しい。
企業は自社の宣伝・広報だけでなく、出所のはっきりしないデフェイクニュースにも対応しなくてはならない。
SNSとスマートフォンの時代には、偽ニュースは急速に拡散する。
出所が不明なうえ、外国発の場合もあるので、裁判では解決できない問題も多い。
最後は新着情報「介護の資格」に関して。
介護資格
ナイチンゲールは、看護というものを発明した偉人です。
そして、看護から一部独立して誕生したのが、介護と言われています。
介護という言葉が使われるようになったのは、1980年頃からです。
それ以前は、名称は違っていたのですが、似たような職種は存在していました。