読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孝彦のスーパーweblog

孝彦のブログ

出所のはっきりしないデフェイクニュースにも対応しなくてはならない。

孝彦です、米国のインテリジェンス機関の報告書は、米大統領選挙にロシアのプーチン大統領が関与したと非難している。
プーチン大統領がトランプ候補の当選を本気で狙っていたのか定かではないが、かねてロシアの政治体制とプーチン大統領を批判してきたクリントン候補への反撃だったとみるべきだろう。
仮にクリントン候補 が当選したとしても、選挙結果に疑念を抱かせ、米国の民主政治そのものを動揺させようとしたとみられる。
ロシアは自由な米国の言論プラットフォームをあえて活用し、米国政治を批判するテレビ番組をつくったり、ソーシャル・ネットワーキング・サービスで偽のニュースを流したり、盗んだデータをインターネット上で暴露したりした。
米国内でトランプ政権に反対するデモが頻発していることや、各種のメディア報道に対する信頼が揺らいでいる状況は、攻撃者の狙い通りかもしれない。
実際、米国の調査によれば9割近くの人が、偽ニュースがかなりもしくはいくらか混乱を引き起こすと考えている。
年収が高い人、民主党支持者の方が懸念の度合いは高い。
今年はフランス大統領選挙やド イツ総選挙が予定される。
自国の民主制度に対する他国の介入をいかに防ぐかが共通の課題になりつつある。
当然のことながら、企業や個人にとっても深刻な事態になっている。
自社や自分の信頼が失われれば、それを取り戻すのは極めて難しい。
企業は自社の宣伝・広報だけでなく、出所のはっきりしないデフェイクニュースにも対応しなくてはならない。
SNSとスマートフォンの時代には、偽ニュースは急速に拡散する。
出所が不明なうえ、外国発の場合もあるので、裁判では解決できない問題も多い。
最後は新着情報「介護の資格」に関して。
介護資格
ナイチンゲールは、看護というものを発明した偉人です。
そして、看護から一部独立して誕生したのが、介護と言われています。
介護という言葉が使われるようになったのは、1980年頃からです。
それ以前は、名称は違っていたのですが、似たような職種は存在していました。

とはいってもEUの 影響圏で混乱が長期化すれば当事者能力が疑われる。

孝彦です、法令は政界のドンとされる与党党首を救うためだった。
過去に有罪判決を 受けたために首相になれず、現在も別の事件の被告。
ほかの政治家や官僚とともに免罪になるはずだったが、有権者の怒りが爆発した。
ヨハニス大統領は7日、前倒し選挙を否定したものの抗議デモは後押しする考えを示した。
ドイツ系少数民族の同大統領がドイツ流の清廉さをアピールしつつ首相との権力闘争に打って出た格好だ。
騒ぎに乗じて野党は近く内閣不信任案を提出すると噂される。
もともとルーマニアは社会の隅々にまで汚職縁故主義がはびこる。
カンヌ国際映画祭で高く評価された同国出身の映画監督ムンジウ氏も不正にまみれた社会を批判する作品を送り出してきた。
ぬぐえぬ構造問題が再び表面化し、政治を揺らす。
先行きが見えないのは旧ユーゴスラビア情勢も同じ だ。
1月、セルビア政府が車体にコソボセルビアですなどと書かれた列車を走らせる騒ぎがあった。
右派の票目当てだったが、隣国コソボは激怒した。
なぜ子供じみた政治劇が起きるのか。
バルカン諸国は民主主義の歴史が浅く、洗練された政治家が少ない。
にらみをきかせていた独仏など主要国の関心が、自国の選挙や対ロ・対米政策に向かい、監視役が不在という側面も見逃せない。
金融市場の圧力は効きにくい。
欧州統合に反対したり、外資系企業を排斥したりしているわけではないので経済に与える影響は軽微。
ルーマニア中央銀行は7日、金融緩和を見送った。
ルーマニア国債がすぐに格下げされるようなことはないとライフアイゼン・リサーチは分析する。
とはいってもEUの 影響圏で混乱が長期化すれば当事者能力が疑われる。
ではでは、最後は「カニの通販」の情報で〆ます。
カニ通販
東京に住んでる私たちがかにを食べる機会って、そうそう滅多にないじゃないですか。
年末年始だったらスーパーなんかでも売ってますが、見るからに小ぶりでそんなに美味しそうじゃないし……
普段なんかだと、スーパーで売ってるとこ、まず見たことないですから。
とりあえず私は美味しいカニであれば、ズワイであろうとタラバであろうと、もちろん毛ガニであろうが種類は問いません!

流れが変えられてゆくとの著者の見方がそこに示されている。

孝彦です、羽生結弦くんがつけているネックレスはブラックですが、ブラウンもあります。
ブラックは首回りの長さが50cm、ブラウンは40cmです。
紐の部分は、ブラックはナイロン、ブラウンはレザータッチ素材と、感触と強度にこだわった材質を使っていてとても安心感があります。
羽生くんがあれだけ激しく動くフィギュアスケートの演技中にネックレスをつけたままでいることからも、その安心感がわかりますね。
羽生結弦ネックレス
では次の話題。
頼朝がこの参道を整備したのは、妻の政子が万寿を身ごもったとき。
鶴岡八幡から由比浜へまっすぐに通る参道の造営も、神池造りも、すべて政子の安産――ひいては男子誕生を祈るためのものに他ならなかったと本書の一編いもうとは記す。
八幡宮には晴れ着の女性や外国人の姿もチラリホラリ。
2010年に強風で倒れた大イチョウは、3代将軍の実朝を暗殺 した頼家の遺児、公暁が身を隠したとの伝説から隠れ銀杏の異名を持つ。
残った根から芽生えた若木はスクスク育っている様子だ。
タウン誌かまくら春秋での連載をまとめた散歩エッセー私のかまくら道によれば、永井さんが鎌倉に移ったのは1962年、本書の最後の一編覇樹を書いているときだった。
以来、40年近く住み続けた。
さすがに鎌倉時代につくられたものはあまり残っていないが、鎌倉の街を歩くことで歴史を生々しく感じられたのではないか。
永井さんの鎌倉あるきに同行したかまくら桜の会会長の高柳英麿さんはそう振り返る。
八幡宮の東側の地は頼朝が幕府を開いた場所で、近くに頼朝の墓もある。
しかし、源氏政権は3代で終わり、政庁も海側に移る。
兵どもが夢の跡という 芭蕉の句の一節が頭をよぎった。
炎環は同人誌近代説話に発表した3編に書き下ろしの1編を加え、64年に単行本として刊行。
翌年、直木賞を受賞した。
4編は長編の一章でもなければ独立した短編でもない。
歴史は一人一人が主役のつもりでひしめきあい傷つけあううちに、いつの間にか流れが変えられてゆくとの著者の見方がそこに示されている。

多くの国では、雇用契約で働き方の詳細は特定されるのが原則だ。

孝彦です、ガイドライン案は、その中でも最も現実的な3のパターンを示したといえる。
それは前文の均等・均衡待遇という文言や、それぞれの国の労働市場全体の構造に応じた政策とすることが重要といった表現からみてとれる。
そもそも同一労働同一賃金の議論は非正規雇用労働者の処遇改善を目的に始まった。
なぜ処遇改善が必要とされたのか。
理由の1つ目は、自らの収入で生活を支え る非正規が増えてきたことだ。
以前は、非正規は家計で補助的な稼ぎ手のケースが多かったため、賃金や雇用保障面などで正規に劣る扱いをされても、それほど大きな問題はないという認識が一般的だったが、今では状況は変化している。
2つ目は変化に対して、各企業の労使が十分に対応してこなかったことだ。
これまでは当然視されていた賃金を含む労働条件の差異について、きちんと説明して納得を得るための努力が不足していた。
3つ目は、欧州では非正規の賃金が正規雇用の約8割とされているのに対し、日本では6割程度という事実が知られるようになったことだ。
欧州と比べて日本の正規と非正規の処遇差が大きいのはなぜか。
また今回、欧州型の同一労働同一賃金の実現を求められ なかったのはなぜか。
雇用慣行の違いに理由がある。
そもそも正規雇用とは、図1にあるように無期・直接・フルタイム雇用という3条件をすべて満たす働き方だ。
一つでも満たさなければ非正規となるが、非正規にはAのようなパートタイム社員もいればBのような契約社員もいる。
正規雇用の中にも様々なパターンが存在する。
多くの国では、雇用契約で働き方の詳細は特定されるのが原則だ。

今までとは違う収益を確保するための新しい保険の開発を考える方針だ。

孝彦です、桜田社長は自動車保険はなくならないとみる。
桜田社長が描く未来は完全自動運転車と部分的自動運転車が混在する状態。
法的枠組みの検討を提起したのは、自動運転の普及時に適切な保険料を確保することが大事だと考えているからだ。
このため各社がデータを持ち寄り、官民で新たな保険料を決める必要があると訴える。
これに対し、あいおいニッセイ同和損害保険の金杉恭三社長は自動車保険市場は縮むとみる。
安全技術は日進月歩で完全自動運転は難しくても安全技術の進化で事故の頻度や被害額は徐々に減ると判断し ているからだ。
金杉社長は新たな保険料の設定よりも縮むパイの中でシェアを広げるため、トヨタ自動車との関係が近い利点を生かす戦略を描く。
一方、こんな見方もある。
MS&ADインシュアランスグループホールディングスの柄沢康喜社長が注目するのは自動運転が生む新たなリスク。
事故は減っても、自動運転システムがサイバー攻撃にさらされるリスクが生じる。
柄沢社長は自動運転が普及すると一気に大災害が起きる危険性もあると指摘。
自動運転時代には新たな保険が必要になると読む。
技術的に自動運転が可能になっても法的な問題は残る。
例えば完全自動運転車が誤作動で事故を起こしたら、誰が賠償責任を負うのか。
東京海上ホールディングスの永野毅社長は法的な課 題が解決するまでにはかなりの時間がかかる。
それまでは素早く被害者を救済できる仕組みが必要になると考える。
このため東京海上日動火災保険は4月から自動運転中の事故も補償する特約を自動車保険に無料で付帯する。
自動運転の普及までの残された時間に今までとは違う収益を確保するための新しい保険の開発を考える方針だ。
コチラの情報「ダッチオーブン!…おすすめ」もお見逃しなく!
ダッチオーブンおすすめ
ロッジの製品は鋳鉄ですから、ゴシゴシ洗っても全く問題ありません。
ガンガン使ってゴシゴシ洗える男らしい製品ばかりがロッジにはラインナップされています。
鋳鉄でできているので、シーズニングという油ならしが通常は必要ですが、ロッジの製品はそのようなことをしなくても良いようにシーズニング済みで販売されているので、面倒な手間もかからず、使おうと思った時にすぐに使用することができることも嬉しいポイントです。

今年行った消費増税延期みたいな政策はいろいろと構え。

孝彦です、大切な人へのプレゼントとして人気の『花なまえの詩』ですが、少し大きすぎると思っている人や、もっと手軽に飾ることが出来るサイズがほしいという人のために、「プチなまえの詩』が登場しました。
『プチなまえの詩』は、基本的な構造は『花なまえの詩』と同じものです。
指定した名前に合わせて詩を作り、イラストと一緒に仕上げていくものになります。
二つの大きな違いはサイズです。
『プチなまえの詩』の場合には卓上サイズなので、気軽に飾ることが出来るという魅力がありますよ。
花なまえの詩
では気分を変えて、ニュースからピックアップ。
経済の好循環とは――。
大胆な金融緩和による円安・株高で企業が収益を上げ、その利益が投資や賃上げに回って消費が増え、さらなる企業収益の拡大を呼ぶ。
こんな流れだ。
だが企業収益は伸びても内部留保が増えるばかり。
投資や賃金、消費は力強さを欠く。
アベノミクス再起動のカギの分配も、今春の労使交渉で大幅な賃上げは実現できなかった。
17年4月に予定する消費増税まで1年を切ると首相は一気に動いた。
5月下旬の伊勢志摩サミットで首相はリーマン・ショック直前の洞爺湖サミットは危機を防げなかった。
その轍を踏みたくないと表明。
その直後、通常国会会期末の6月1日。
記者会 見で内需を腰折れさせかねないと、消費増税延期を発表した。
1年半前の1回目の延期時は再び延期することはないと明言していたが、与党手続きを経ることなく、あっさり覆した。
首相は7月の参院選増税延期とアベノミクス推進を掲げて臨み、与党は圧勝。
憲法改正に前向きな勢力は、衆参で改憲の国会発議に必要な3分の2に達した。
11月1日には自民党が総裁任期を連続3期9年に延長すると決定。
政権基盤はさらに強固になった。
だが、肝心のアベノミクスは脆弱だ。
米次期大統領にトランプ氏が選ばれ、世界経済は不透明感が広がる。
成長戦略の柱、環太平洋経済連携協定は発効が絶望的だ。
消費は伸び悩み、今年度の税収は当初の想定を1.7兆円も下回る見通しだ。
来年は 少なくとも今年並みの賃上げを期待する。
首相は11月、労使に呼びかけた。
来春も4年連続の官製春闘
今年行った消費増税延期みたいな政策はいろいろと構え。
脱デフレはできるのか。

武力行使により解決を目指すことは禁止され ていないと解すべきだ。

孝彦です、憲法9条2項は戦力の保持を禁止している。
当初、これは一切の戦力の保持を禁止したものとして説明された。
しかし政府は1954年、主権国家として必要最小限度の自衛力を保持することは当然の権利という解釈を打ち出した。
その後、59年の最高裁判決により支持された。
これが現在の公定解釈だ。
だが政府は自衛隊の役割については極めて慎重な姿勢を示し、ポジティブリスト方式、すなわち自衛隊に何ができるかを明記して、それだけが可能とする方式をとるようになった。
他国はネガティブリスト方式、つまり国家や国民を守るために軍は禁止されていること以外は原則として何でもできるという考え方だ。
ポジティブリストというのは実は大変難しい。
安全保障の状 況は千変万化であり、ありうる状況をすべて記述しておくのはほとんど不可能だ。
13~14年に筆者が座長代理を務めた安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会では当初、ネガティブリスト方式に切り替えるべきだという議論もあった。
しかし、これまでの積み重ねを一挙に変えるのはとても難しく、断念せざるを得なかった。
ただ、安保法制懇は憲法9条1項について、国際紛争を武力の行使により解決することは禁止されているが、ここにいう国際紛争とは日本が当事者の国際紛争であり、国際紛争一般ではないと、解釈を変更するよう提唱した。
これは9条1項の起源であるケロッグ・ブリアン条約以来の世界共通の解釈だ。
従って国連PKOでは、武力行使により解決を目指すことは禁止され ていないと解すべきだ。
しかも武力行使とは、一国が主権行為として大規模な軍事力を行使することを言う。
ではでは、最後は「富士山のツアー」の情報で〆ます。
富士山ツアー
バスの席も女性だけですから、シートの席で隣の人に気を使うということもありませんし、山小屋も女性専用のスペースを使えるというのがかなり人気です。
着替えをする場所や、寝ている場所というのは、登山の場合、どこかしら居心地の悪いところを我慢するのが一般的ですがこの女性限定のコースでしたら、きを使うこともなく利用できるというのがもっとも人気のあるポイントといえます。
富士山のご来光を望むコースというのは毎年とくに人気になっています。